•  
     

  • お気軽にお問い合わせください

    IPO初期診断サービスについてのお問い合せは下のボタンをクリックしてください。

  • IPO初期診断サービスのお問い合わせはこちら

    上場企業支援コンサルを多数手がけるプロが行なう
    IPO準備アーリーステージだからこその簡易診断サービスです。

  • こんなIPO準備企業向けのサービスです。

     

    将来的にIPOを見据えているものの、現時点では社内管理体制が十分でない

    アーリーステージ向けの重要な課題解決サービスです。

    アーリーステージ企業

    IPO準備を始めたばかりの企業向けです。
     
     
    私達は、数多くのミドルステージやレイターステージの上場準備企業や上場企業のお手伝いをしてまいりました。
    その経験とノウハウをアーリーステージの皆様にコンパクトにご利用いただくサービスとなっています。
     
    ミドルステージ以降の皆様はこちらのサービスを御覧ください。

    外部出資を受けている企業

    ベンチャーキャピタルやエンジェルなどから既に投資を受けている企業向けです。
     
    外部投資家から既に何らかの出資を受けている段階にある企業が対象となります。
    出資を受けると、外部投資家に対して一定の財務報告を行なわなければなりません。それとともにこれから本格的に上場準備作業を進めていくことになります。
     
    もちろん外部投資家からの投資が必要ない企業も対象です。

    ショートレビュー前の企業

    監査法人や証券会社の行なうショート
    レビュー受ける前の企業向けです。
     
    監査法人や証券会社のショートレビューを既に受けている段階であるならば、アーリーステージ後期または、ミドルステージにあるといえるでしょう。

    社内体制整備とその適切な運用に対する要請は非常に大きなものになっているはずです。
     
    このような皆様にはこちらのサービスが適しています。
  • IPO初期診断サービスの流れ

    目に見える結果でお応えします。

    <STEP 1>

    IPO初期診断として、御社でヒアリング・調査を実施します。

     

    IPO初期診断は、会社の管理体制の重要なポイントについて、株式上場審査基準で求められる

    ①攻め(業績管理)、②守り(社内管理)、③透明性(開示体制)に分けて御社の状況を調査し把握します。

    <STEP 2>

    社内管理体制の重要な課題や、管理体制レベルを診断した診断書をご提出。

    その内容の説明を実施します。

     

    社内管理体制の重要な課題を把握しつつ、アーリーステージの会社として、今後のIPO準備のステップで十分な管理体制のレベルどのように整備していくかの方向性等についても診断結果としてご報告します。

    <STEP3>
    具体的な整備・改善方針のご説明を行い、業務改善ツールをお渡しします。

     
    改善施策の優先順位、おおまかなマイルストーンを問題のある整備項目ごとにお示しします。
    各項目の改善・整備を効率的に実施できるツール「IPO初期セットアップキット」をご提供します。
    IPO準備業務を効率的に行っていただけると思います。

    <STEP 4> 
    御社が行なう整備・改善作業をモニタリングし、ご相談に対応します。

     
    この業務はオプションで、別途費用がかかります。
  • IPO初期セットアップキットの内容

    ご提供するIPO初期セットアップキットは、診断結果に基づき、業務の整備・改善を効率的に実施するためのツール集です。
     
    IPO初期セットアップキットの詳細はこちらから御覧ください。
     
    IPO初期セットアップキットのみの販売もしております。

  • 費用について

    表示価格はすべて税抜きになっております。

  • お気軽にお問い合わせください!

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。